TOP

こんにちは、ボイストレーナーのかねこ(金子太登)です。

 

この度は、Systematic Integrarion Academyにご参加いただきまして、 誠にありがとうございます。

 

この講座は、身体全体の仕組みを統合し、さらに自由な喉を構築していくことを目標に コンテンツが構成されています。

 

特に、このSystematic Integration Academyでは、「理論(原理原則)の理解」にかなり力を入れています。

 

なぜなら、根本的な身体の作りを理解することで、応用がきくと考えているからです。   なんとなくトレーニング法を知っただけでは、「なぜ」そのトレーニングをやり、 「なぜ」そのトレーニングが効果があるのかを理解することができません。

 

結果、注意すべきポイントを意識することもできませんから、結果も出ませんし、 他のトレーニングは一切自分で考えられないという応用がきかない状態に陥ります。

 

ですから、このSIAで身体の作りを根本的に理解し、最終的にはあなたがあなた自身のトレーナーになるつもりで取り組んでいただければ、嬉しく思います。

 

それでは、これからよろしくお願い致します。 ※動画は第二期に向けて入れ替えを行いました。今後も講座の内容は更新、入れ替えを行なう予定がありますので、ご理解お願いします。 金子太登

教材テキスト

5月1日〜7月31日分のテキストはこちらから https://xfs.jp/Ateqei

呼吸の仕組み化講座

※5月1日〜7月31日分の講義をお届けします。

 

呼吸の仕組み化講座の内容を追加する可能性がありますので、ご了承ください。

 

呼吸の仕組み化講座では、ボイトレでないがしろにされがちな、理想的な呼吸の仕組みを作るための考え方・トレーニングをお伝えしていきます。

 

この章は、どちらかと言えば、実践的なものよりも理論的なものが多めになります。

 

ですので、最高につまらない章となりますが、一つ一つのインパクトはあなたの声を劇的に変える大きなものであると信じていますので、ぜひご覧ください。

 

また、この理論をしっかりと理解することで、あなた自身でもトレーニングを考え出すこともできるようになるので、ぜひこれからご紹介する理論をしっかりと理解してくださいね。

呼吸の取り込みとは

内容: ・気圧とは? ・高気圧 → 低気圧 ・気圧と呼吸の関係 ・吸い込む → 取り込むへ ・胸腔を立体で捉える ・体内が低気圧になる仕組み

斜角筋

内容: ・肺の帽子   ・第1肋骨 第2肋骨 鎖骨 肩甲骨 ・上を広げる斜角筋 ・斜角筋収縮〜肺の帽子が膨らむまでの流れ ・斜角筋のトレーニング

肋骨の回転

 

内容: ・肺の側面を広げるということ ・肋骨の回転とは? ・三種類の関節 ・椎骨の動き ・肋骨の回転トレーニング

横隔膜

・横隔膜とは ・横隔膜のポジション ・横隔膜の4つのエリア ・横隔膜のフリースペース

 

お知らせ

7月のメール講座はこちらからどうぞ!

https://keisei1.com/p/r/m8VduPmC

 

8月以降の講座をお楽しみにくださいませ。